株式会社アリアファーム

卸売,小売,輸入代行,商品企画,販促品,Webデザイン等、EC事業参入をトータルサポート

*

PANTONEカラーとは…海外に色を伝える方法

   

aria-blog-trading-596-1

製品に印刷するロゴカラーやボディのカラーを伝えるには、世界共通で認識されているカラーの番号を伝えるのが最も効率的です。PANTONEは、世界共通の色見本の商標ですが、これを使えば、手軽に間違いなくこちらが希望するカラーを工場に伝えることができます。色見本帳の価格が高いのが難点ですが、イメージ通りのカラーで製造してもらうためには必要な投資と言えます。アプリもあるんですよ。

photo credit: Emporia via photopin (license)

文化の違う海外に色を伝えるのは難しい

例えば一口にピンクと言っても、様々なピンクがあります。薄い桜色からショッキングピンクまで幅広く、女性向けの商品を扱う方なら、そのピンクの種類によって、売り上げ方も購買層も変わってくることはよくご存知のはず。しかし、中国の工場に「Shocking Pink」と言っても伝わりません。わかりやすく伝えるなら「Vivid Pink」ですが、それでも彩度の高いピンクは相当数ありますよね。懇意にしている通訳の方の話では、中国語でピンクは「粉红色」というそうですが、薄紫っぽい色やさくらんぼの色も同じ「粉红色」と表現するとのことで、「Pink」として捉えられる範囲は非常に広いようです。自分のイメージ通りのピンクを的確に、しかも日本語の通じない海外の取引相手に伝えるのであれば、お互いにとって共通の色見本を用意しなければいけません。

 

カラーチャートを使用する

aria-blog-trading-596-head

photo credit: The Colours via photopin (license)

よく知られているのが、米・パントン社が展開するPANTONE、日本の大日本インキ化学工業が展開するDICなどの色見本です。PANTONEの方は、ソフトバンクの携帯端末のシリーズとして商標が使われていますので、ご存じの方もいるかもしれません。

当社の商品企画の際、海外取引でよく先方から指定されるのは、やはり広く普及しているPANTONEです。大方の工場でPANTONEのカラーチャートが用意されているので、無駄な労力を避けるためにも、それを使用して色を伝えることをおすすめします。上の画像のとおり、カラーチャートに色番号が振られてるので、イメージしているカラーをカラーチャートから探し、工場にその色番号を伝えるだけで相手に伝わります。

非常に便利な色見本ですが、ひとつ難点を挙げるとすると…

高いんだよね。値段が。

個人事業とか零細規模の会社にとって数万円って結構痛い。数万円あったら広告費に回したいってのが本音です。そのお金を払う価値があるとは言え、ちょっとしたブランド品を買うプチ贅沢の感覚ですよ。 販売サイトの一例はこちら

それから上の画像のカラーチャートは、プラスティック製品の色見本としては適当ではありません。あくまで印刷用の色見本と考えるべきです。プラスティック製品のカラーを正確に指定したい場合は、このPANTONEのカラーチップを利用するのが最適と言えます。しかしながらこれまた桁違いに価格が高い。費用をケチる経費削減するなら印刷用のカラーチャートで十分と言えます。細かく色指定する必要がある業種はインテリアなどのデザイン製品などに限られますから、コンシューマ向けの製品であれば、多少のイメージ違いも許容範囲と言えると思いますが。

 

数万円も払いたくない方にはアプリもあるが…

aria-blog-trading-596-2

ちなみに費用を最小限に抑えたいという方は、PANTONEのカラーアプリもあります。「PANTONE」で検索してください。このアプリは色見本だけでなく、画像からPANTONEの近似値を抽出したり、よく使うカラーを記録させたりなどの豊富な機能があります。価格も2015年3月現在で1000円ですので、経費にシビアな経営者の方でも十分許容できる範囲でしょう。ただし、EC事業の方なら顧客クレーム等で痛感していると思いますが、モニターによってまったく色のイメージが違いますし、自分のモニターで最適な色を見つけたとしても実際の製品カラーは異なって納品されてしまう場合があります。こればかりは仕方のないことですので、工場から製品サンプルを送ってもらい、その都度微調整していくより他ありません。
このPANTONEアプリについては、こちらのブログ様が詳しかったのでご紹介しておきます。

その他、PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製品をお持ちの場合は、これらのグラフィックソフトで、CMYK値・RGB値からPANTONEの色番号に変換することが可能です。これについては今後、時間があれば記事にしたいと思います。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2015 ariafirm Co., Ltd.

 - ブログ記事, 輸入の小話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

EC事業者向けのヤマト運輸メール便に代わるサービスまとめ

2015年3月31日をもって、ヤマト運輸がメール便の取り扱いを終了します。今まで …

輸入の製品価格に使うFOBやCIFとはなにか

海外の製造工場との価格交渉で避けて通れない「受け渡し条件」。インコタームズ201 …

コマーシャルインボイスとプロフォーマインボイスの違い

インボイス(Invoice)とは、輸出輸入申告の際に、税額の計算の根拠となる書類 …

貿易で使う輸送方法を3種類説明してみた

商品を輸入するときに輸送方法はどうすればよいのか、どれくらいのお金がかかるのか、 …

貿易パートナーとしての中国と対日感情

考え方の違う国同士の取引 2012年に中国で起きた反日暴動。私達は日中メディアの …

Telex Release、Surrendered B/Lとは

前回記事で、輸入貨物を受け取る際に、B/Lの原本が届かず、貨物が迅速に受け取れな …

貞子のセルフサービス|もしも輸入した商品が不良品だったら

考え方の違う国での製造は常に高リスク 2008年頃の話です。当時はウィッグを取り …

ネットショッピングモール出店詐欺

悪質商法といえば、一般消費者やお年寄りといった社会的弱者を標的にしたものというイ …

事業者でさえ誤解しているPSEマークのこと

施行されて久しい電気用品安全法ですが、PSEマークにまつわる様々な誤解が存在しま …

LCL貨物とはなにか。混載便の利点と問題点

貿易の際は、コンテナを使って輸送するのが一般的です。しかしながら小口輸入では、最 …